講座概要
カテゴリ:お試し講座
配信形式:ビデオ
講義数:全1回
受講料:0円(税込)
募集締切日:

【無料公開講座】米国FDA プロセスアプローチについて

ご確認ください
本講座のご視聴には、食×農MOOCへの無料アカウント登録が必要です。
登録を希望する場合は、ページ上部の「アカウント登録」をクリックして登録手続きをお願い致します。
1
講義名 【無料公開講座】米国FDA プロセスアプローチについて
時間 10分
講義内容 ※本ビデオは、2019年7月より開講を予定致しております『米国FDA プロセスアプローチについて』ライブセミナーについて紹介するものです。
※ご視聴を希望される場合は、マイページにログイン後、「お申込みはこちらから」よりお申込みください(視聴は無料です)。
※本ビデオは、Youtubeにアップロードされた講義動画をご視聴いただきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ハザード分析を実施する際、食品メーカー(工場生産など)では通常、『一つの製品の流れ』に従ってハザード分析を実施します。これは、食品メーカーでは一度に一つの製品だけを取り扱うのが普通だからです。
しかしリテール分野では、すべてのタイプの食品が『同時に処理』され、最終のレシピまたはメニュー品目に沿って盛り付け、提供されます。このためリテール分野のハザード分析には、従来とは異なるアプローチの仕方が求められます。
リテール分野には、調理プロセスに共通した方法、あるいは『プロセスをカテゴリー毎に分けてハザード分析を実施』するやり方が、大変実情に即した方法です。米国FDAではこれを「プロセスアプローチ」と名づけ、リテール分野での取り組みを推奨しています。
本講座では、『プロセスアプローチ』の基本、リテール分野へのHACCPの具体的な導入方法について、全4回にわたり解説致します。


<米国FDA プロセスアプローチについて>
■講  師:(有)バンテージ代表取締役 中野秀晃
■講義回数:全4回
■受 講 料:3,240円(税込)
■講義日程:
 第1回:プロセスアプローチの概要
     2019年7月26日(金) 12時30分~13時00分(30分)
 第2回:リテール分野への適応
     2019年8月 9日(金) 12時30分~13時00分(30分)
 第3回:なぜリテールHACCPか
     2019年8月23日(金) 12時30分~13時00分(30分)
 第4回:ハザードの管理
     2019年9月 6日(金) 12時30分~13時00分(30分)
講師
中野 秀晃
HACCPは難しいものではありません。
今行われている管理手法を説明できるようにすることです。その中でもリテール分野(ホテル、フードチェーン店など)へのHACCP導入は、メニューの多さより危害分析がほとんど行われておりません。
米国ではFDAより2006年にリテールHACCPの手法が発表され、日本では2012年に月刊HACCP11月号で発表されております。
今後最も導入が必要なリテール分野へのHACCP導入へ一歩踏み出しましょう。