講座概要
カテゴリ:お試し講座
配信形式:ビデオ
講義数:全1回
受講料:0円(税込)
募集締切日:

【無料講座】わかる!米国・ミシガン州農務省フードサービス業の衛生担当者研修用トレーニングプログラム(1~7)

講座について
※本ビデオは、2020年10月2日より開講を予定致しておりますライブ講座『わかる!米国・ミシガン州農務省フードサービス業の衛生担当者研修用トレーニングプログラム』について紹介するものです。
※本ビデオのご視聴を希望される場合は、マイページにログイン後、「お申込みはこちらから」よりお申込みください(視聴は無料です)。
※本ビデオは、Youtubeにアップロードされた講義動画をご視聴いただきます。
ご確認ください
本講座のご視聴には、食×農MOOCへの無料アカウント登録が必要です。
登録を希望する場合は、ページ上部の「アカウント登録」をクリックして登録手続きをお願い致します。
1
講義名 【無料講座】わかる!米国・ミシガン州農務省フードサービス業の衛生担当者研修用トレーニングプログラム(1~7)
時間 10分
講義内容 米国・ミシガン州農務省フードサービス業の衛生担当者研修用トレーニングプログラムは、米国(FDA)により作成されたものです。州政府、業界、学界及び消費者からの情報を基に、リテールレベルの食品施設事業者、従業員の支援、HACCP原則の自主的な実施を支援する目的で作成されました。
食中毒の90%が発生するリテール分野は、従来「ハザート分析が出来ない」ものと考えられていましたが、米国FDAで開発された「プロセスアプローチ」を導入することにより、リテール分野のハザート分析が簡単に出来るようになりました。(FDA2006、The Process Approach is probably less complicated than Traditional HACCP)

本講座では7回にわたり、米国FDAにより作成された米国・ミシガン州農務省フードサービス業の衛生担当者研修用トレーニングプログラムを解説致します。米国で実施されている、リテールレベルのHACCP原則についての内容です。システム構築を検討、またはすでに構築を実施中の方、ぜひ本講座をご活用ください。全編ライブ配信のため、ご質問はその場で受付、回答致します。MOOCならではの“双方向型配信”で、一緒に学んでいきましょう!
講師
中野 秀晃
HACCPは難しいものではありません。
今行われている管理手法を説明できるようにすることです。その中でもリテール分野(ホテル、フードチェーン店など)へのHACCP導入は、メニューの多さより危害分析がほとんど行われておりません。
米国ではFDAより2006年にリテールHACCPの手法が発表され、日本では2012年に月刊HACCP11月号で発表されております。
今後最も導入が必要なリテール分野へのHACCP導入へ一歩踏み出しましょう。

関連講座